読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Found in Interpreting

通訳・英語教育・時事などについて書いています

機械翻訳・通訳

https://iotnews.jp/archives/56049

 

マイクロソフトがイベントで、Presentation Translatorというのを発表したそうです。機械翻訳・通訳もどんどん精度が上がってきているようですが、通訳の仕事もテクノロジーによって置き換えられてしまうのでしょうか?

自分で外国語を話さない人は、日本語と英語が直訳で置き換えられると思っていることがあるので、よく「通訳の仕事もなくなっちゃうんじゃないの?」と言われることがあります。少しでも外国語をかじった人であると、「翻訳はともかく、通訳はなくならないんじゃないの」という人が多いです。

自分の仕事が機会に置き換えられると言われて、いい気持ちがする人はいないでしょうが、技術の進歩で何が起こるか、ということは誰にもわかりません。

機械翻訳は、かつては実際の文法を機械に教えて、人間と同じプロセスで言語を理解させ、翻訳を試みていたそうなのですが、機械にとって文脈を理解して、代名詞が何を指しているのかを理解するということはとても難しく、その部分ではほとんど進歩が見られないそうです。ただ、最近では、この単語とこの単語が一緒に使われていたら、おそらくこの意味、といった、確率論を使うようになり、精度がぐんと高まっていると聞いたことがあります。人間が言語を話すプロセスとは違うのですが、こちらのほうが訳がより正確になるそうです。同じ内容の文書を複数の言語で機械にインプットして、AIだかディープラーニングとかいうもので機械が学ぶのだそうです。

翻訳はなんとなく意味が分かればいい、というものであれば、機械翻訳で済ませているケースも増えているでしょう。ただ、対外的に出すものであれば、最終的には人間がチェックする必要があるので、翻訳者の仕事がなくなるというよりは、機械との協働が増えるということになっているのではないかと思います。

通訳について言えば、同時通訳ブースが発明されたり、パナガイドが出てきたことによって、逐次通訳だけではなく同時通訳が可能になったという影響はありますが、通訳そのものの作業を機械が代替している、ということは会議通訳の分野ではなさそうです。医療現場など、やり取りする内容が決まっている場面では、タブレットを使ったりして機械が通訳をしていることもあるようですが、商談や国際会議などの通訳を機械がやるというのは、なかなか想像できません。