読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Found in Interpreting

通訳・英語教育・時事などについて書いています

英語の発音

私は大学時代に英語ネイティブの友人に一通り英語の子音・母音の発音を習いました。すぐできるようになるとは限りませんが、一応一通りやることで、なんとなく発音するのをやめることにつながるので、意味はあると思います。母音も数が多いように思えるかもしれませんが、二重母音などは単母音を組み合わせたものなので、実際はそこまで多くありません。母音は基本的には日本語のアイウエオ、強いて言えば大きくいうアと小さく言うアを自分なりに区別して発音すればまあ通じるのではないかと思います。あとはどこまで厳密に発音をやるかは、こだわり次第でしょう。個人的には発音はそこそこに、他のことを勉強した方がいいと思います。chokeとchalkなどの発音の違いは少し意識して学ぶといいかもしれません。ちなみに母音の発音はイギリス英語のほうが簡単です。アメリカ英語の母音は日本人にとっては出しづらい微妙な音が多いです。

日本人は個別の音はよく練習するのですが、センテンスレベルでの音の連結とか、脱落、強弱などについてはあまり練習しない傾向にあります。連結というのは、get toなど同じ子音が続くときには、同じ子音は繋がってしまうということです。また、first yearなどはファースチャーのように聞こえます。TOEICなどのスクリプトを見ながら英語の音声を聞いて、どこでそういう現象が起きているのかを確認するといいかもしれません。また、脱落というのは単語の末尾などの音がほとんど聞こえないくらい弱く発音されることです。tやdなどはほとんど音が落ちてしまっていて、これを一生懸命発音するとなめらかに発音することが難しくなります。さらに、日本人は全ての単語を同じ強さで読んでしまい、のっぺりとしたメリハリのない英語になってしまいますが、センテンスの中でも大事な部分は強く発音されます。それとは逆にbe動詞やaやtheなどの冠詞、atやinなどの前置詞などはたいていの場合弱く発音されます。もちろん、日本語でも英語「を」勉強するのではない、英語「で」勉強するんだ!などというときには、助詞(英語の前置詞に近いと思います)を強調して発音することがあるように、英語でもI'm not laughing WITH you, I am laughing AT youなどのように前置詞が強調されることはあります。あなたと一緒になって笑っているのではない、あなたのことを笑っているのだというようなニュアンスです。

センテンスレベルでの発音は、シャドーウィングなどをしてみて、うまく読めない部分があったら、原因を分析してみるといいかもしれません。なめらかに読めないのは大体①つなげるべきところをつなげて発音していない②脱落させるべき音を頑張って発音してしまっている③読み方にメリハリがないせいです。