読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Found in Interpreting

通訳・英語教育・時事などについて書いています

英語の発音

私は大学時代に英語ネイティブの友人に一通り英語の子音・母音の発音を習いました。すぐできるようになるとは限りませんが、一応一通りやることで、なんとなく発音するのをやめることにつながるので、意味はあると思います。母音も数が多いように思えるかもしれませんが、二重母音などは単母音を組み合わせたものなので、実際はそこまで多くありません。母音は基本的には日本語のアイウエオ、強いて言えば大きくいうアと小さく言うアを自分なりに区別して発音すればまあ通じるのではないかと思います。あとはどこまで厳密に発音をやるかは、こだわり次第でしょう。個人的には発音はそこそこに、他のことを勉強した方がいいと思います。chokeとchalkなどの発音の違いは少し意識して学ぶといいかもしれません。ちなみに母音の発音はイギリス英語のほうが簡単です。アメリカ英語の母音は日本人にとっては出しづらい微妙な音が多いです。

日本人は個別の音はよく練習するのですが、センテンスレベルでの音の連結とか、脱落、強弱などについてはあまり練習しない傾向にあります。連結というのは、get toなど同じ子音が続くときには、同じ子音は繋がってしまうということです。また、first yearなどはファースチャーのように聞こえます。TOEICなどのスクリプトを見ながら英語の音声を聞いて、どこでそういう現象が起きているのかを確認するといいかもしれません。また、脱落というのは単語の末尾などの音がほとんど聞こえないくらい弱く発音されることです。tやdなどはほとんど音が落ちてしまっていて、これを一生懸命発音するとなめらかに発音することが難しくなります。さらに、日本人は全ての単語を同じ強さで読んでしまい、のっぺりとしたメリハリのない英語になってしまいますが、センテンスの中でも大事な部分は強く発音されます。それとは逆にbe動詞やaやtheなどの冠詞、atやinなどの前置詞などはたいていの場合弱く発音されます。もちろん、日本語でも英語「を」勉強するのではない、英語「で」勉強するんだ!などというときには、助詞(英語の前置詞に近いと思います)を強調して発音することがあるように、英語でもI'm not laughing WITH you, I am laughing AT youなどのように前置詞が強調されることはあります。あなたと一緒になって笑っているのではない、あなたのことを笑っているのだというようなニュアンスです。

センテンスレベルでの発音は、シャドーウィングなどをしてみて、うまく読めない部分があったら、原因を分析してみるといいかもしれません。なめらかに読めないのは大体①つなげるべきところをつなげて発音していない②脱落させるべき音を頑張って発音してしまっている③読み方にメリハリがないせいです。

BICSとCALP

 英語力にはBICSとCALPがあると言われています。BICSはBasic Interpersonal Communicative Skillsの略で、日常生活に必要なやりとりをするための英語力です。レストランでものを注文したりとか、そういったことです。CALPはCognitive/Academic Language Proficiencyの略で、英語で研究をしたり、ビジネスをしたりと知的活動をするための能力です。

BICSのほうは、普通に日本で英語を学んだり、使っていたりしてもなかなか身につきません。ビジネスマンや研究者でも、自分のビジネスや研究についてであれば、しっかりと英語でコミュニケーションがとれるものの、基本的な日常生活の単語が抜け落ちているということは往々にしてあります。私も大学生時代に、留学生のお世話をしていたときに、大学の学生ポータルの使い方などは比較的容易に説明できたのに、スーパーマーケットや百円ショップに連れていったところ、食品や日用品などを英語でどういうのかがわからず、苦戦したという経験があります。

ただ、このような日常生活に関する語彙は、日本で仕事のために英語を使うにあたっては、そこまで必要になることはありません。私も通訳の仕事で現場に行きますが、雑談の部分では通訳を必要とするものの、仕事の話になると全部自分でこなせるという人がたくさんいます。ある程度基礎的な英語力がついたら、あとは自分でどんどん英語を使っていくことで、自分に必要な語彙・表現が身について行きます。知識については日本語で頭に入っているので、背景知識を活用しながら英語を使うことができます。あれもこれも、と欲張ってしまうと英語で知らないことの多さに嫌気がさしてきますが、まずは必要な英語力だけを身につければいいのです。

たとえば夫婦で海外に赴任したとして、夫が働いている場合は、夫の方は現地の会社で使われるビジネス用語をどんどんと吸収していくでしょうし、妻が家事をするのであれば、妻はスーパーで買うようなものの語彙を覚えるでしょう。子どもがいるのであれば、学校生活で使うような英語を覚えるかもしれませんね。子どもの宿題を見ていれば、もしかしたら算数や理科などの基本的な単語も覚えられるかもしれません。妻の方が働いているのであれば、覚える単語や表現の種類は逆になりますね。

 

メモリー  

 逐次通訳のときは、基本的にはメモを取りながら通訳を行いますが、メモを取るのが難しいこともあります。例えば視察の通訳などの場合は、移動をしているので、荷物などが多いとメモを取れない可能性があります。また、台を用意してもらえない状態で、マイクを持って通訳をしなければならない場合も、メモ取りの環境が悪いということになります。

ただ、いつもメモが取れる環境で通訳をしていると、メモに頼りっきりになってしまいます。通訳訓練では、メモはなるべく最小限に留めて、きちんと話し手の言っていることを聞いて理解することが重要だと言われます。よく理解できたことは覚えられるからです。一番やってはいけないのは、話し手が言うことがよくわからないので、とにかく聞こえてきたことを断片的に書き取ってしまうことです。数字や固有名詞なども、なぜスピーカーがその情報を言っているのかが分からないのに書きとめてしまっても、意味がありません。いざ訳す段階になって、色々書いてはあるものの、つながりがわからず、途方に暮れてしまうことになります。むしろ、よくわからなくなったら、怖いことですが、一旦メモを取るのをやめて、聞いて理解することにつとめたほうがいいのです。

こういったことがあるので、メモが取りにくいような環境でやる仕事というのも、いい経験になるのかもしれません。

なるべくメモは最小限に留めると書きましたが、それではどのようなことをメモすればいいのでしょうか。

まずは数字です。話の流れや、論理展開などは、よく理解しながら聞いていれば、自然と覚えられるものですが、数字は純粋な記号なのでそうはいきません。出てくる数字が1つか2つならいいですが、複数出てきてしまうとお手上げです。そのため、書き留める必要があります。日本の人口とか、特定の年号のように、知識として持っている数字もありますが、大抵の場合はそうではないので、やはり書きとめておいた方が安心です。

あとは固有名詞です。聞こえてきた通りに書きとめておくしかありません。やりとりをしながら、日本語と英語の両方の発音で聞くことで、より確信を持って訳せる場合もあります。

最後にリストです。ときどき、スピーカーが国名などを羅列することがあります。その場合は他のことをやっていても、急いで全部書きとめます。リストをきちんと再現できると、クライアントからの信頼が増すためです。

小学校における英語教育  

 先日知り合いと食事をしていたところ、小学校での英語教育についてどう思うかと聞かれました。

私の立場としては「まあ反対」というところです。小学校英語反対派にも色々な意見があるので、きちんと区別して理解することが大事です。私の理由は単純に「英語は中学校からでも十分モノになるので、小学校からやるのはお金がもったいないから反対」というものです。

人によっては「日本語もきちんとしないうちから外国語を教えるのは反対」「今のやり方では効果が出ないから反対」という場合もあり、実は2つ目の意見は反対ではありますが、小学校での英語教育の内容が充実するのであれば賛成ということですから、同じ反対意見でも「日本人には英語はそんなに必要ではないのだから、英語教育にたくさん税金を使うのは反対」という意見とは一線を画します。

小学校英語教育の議論はこのように複雑なので、まずは「日本人に英語はどのくらい必要か?」というポイントからスタートしなければなりません。私はだいたい1割くらいだと見ており、その1割は大学生くらいで「あ、自分英語できたほうがいいかも」と思うだろうから、そう自覚した人たちに手厚くするのがいいのではないか、と考えています。

とはいえ、身の回りに流暢に英語を操る帰国子女がいるという場合もあるでしょう。自分も早くから英語をやっていれば、ああなれたかもしれない、と思うかもしれません。ただ、今の小学校での英語教育の頻度は週1回、1時間だけ。しかも教えているのは英語を教える訓練を受けてきた教員ではなく、小学校の担任の先生が研修などを受けて対応しています。帰国子女とは環境が違いすぎます。つまり、英語が必要だとはいいながらも、実はすでに存在する人材などで間に合わせようとしているということで、お金はそこまでかけていないのです。これが私が「まあ反対」だという理由です。もっとお金をかけようということになったら、「反対」するということになります。

私の意見をまとめると、小学校の英語教育には「まあ反対」、理由は英語が必要は日本人は1割くらいしかおらず、その1割が明らかになるのは大学生くらいになってから、だからです。

「今の説明、分かりやすいね!」と言われるコツ

 Kindleにダウンロードして読破しました。ビジネス本の類は、読んでから後悔することもよくあるのですが、この本はとてもよかったです。通訳をしていると、様々なスピーカーに遭遇します。話の分かりやすい人もいるし、分かりにくい人もいます。個人的にどうして話が分かりやすい人と、分かりにくい人がいるのかに興味があったので、読んでみました。

著者は、色々聞いたり、読んだりしたとしても、覚えていられるポイントは3つくらい。そのためポイントは3つに絞りましょう、という主張をしています。確かにその通り。日本人のスピーカーは自分が把握している情報を全ていうことが親切、誠実だと思っているのか、通訳でもそのようなスピーカーにはよくお目にかかります。特に理系の専門性が高い仕事をしている方に多い気がします。あとは、ざっくりとものを言えない。理解のために少し情報の粒度を落としたり、厳密に言うと正しくないことをいうのに抵抗があるようです。あとは延々と例外を話す人も。

通訳でも聞こえてくる情報を次から次へと訳してしまい、何が言いたいのかよく分からないぼやけた訳になることもしばしばあります。大して重要ではないポイントに一文割いてしまったりすることもあるので、反省。

また著者は「紙1枚」にまとめる技術というのも提唱しています。通訳の仕事でも、プレゼンのスライドが何枚も届き、しかもスライドなのに説明や数字、表などが所狭しと詰め込まれていることはしばしばあります。最近は少しずつ「おそらくここは使わないだろう」というのがわかってきたので、準備が詰まっている時などはポイントを押さえて目を通すことができるようになってきましたが、「いっそ報告書にしたらいいのに!」と憤りを感じることもあります。

また、「動詞」と「動作」の違いを説明しています。たとえば「動詞」は「目的を意識する」。でもこれだけだと何をしていいのか、行動に落とし込めない。そこで、「動作」のレベルまで具体化したものだと「目的を紙に書いて、繰り返し見る」のようになる。確かに、色々な会社に仕事で行きますが、「当事者意識」とか、「戦略」とか「顧客志向」という、聞こえはいいけれどじゃあ実際に何をしたらいいの、というような内容を通訳することがよくあります。

 

なんで英語やるの?

渡部昇一氏が亡くなったことを受けて、鳥飼先生の「英語教育論争から考える」を読み返してみました。その中で、結構なページ数を割いて考えてあったのが、標題のポイント。私は英語を教えているわけではないので、このような質問を受けることはありませんが、地方で教えている先生などはこの質問に対してどう答えるか腐心しているようですね。高校生であれば、ほぼ義務教育化しているとはいえ、一応高校に進学をすることを選んだわけですから、「別に英語はやらなくていいし、そもそも高校にだって来なくていい」と答えればいいかもしれませんが、自分が中学生に「なんで英語やるの?」と聞かれたらどう答えるか、考えてみました。

大人になった今、考えてみると読み書きと簡単な計算以外は別に出来なくても全然問題ありません。社会と理科でさえ、そこまで必要ではない。英語もそうです。本当に必要なものってほとんどないのです。逆に役に立つことは色々あります。たとえば私の友人の家は農家をやっていますが、友人のお母さんは牛の種付けをする資格を持っているそうで、これが結構お金になるそうです。では学校で牛の種付けを教えるべきか?それはちょっとあまりに範囲が狭すぎるのではないか、ということになります。もしくは今はトラックのドライバーが足りていません。じゃあ高校生みんなにトラックの運転を教えるのは?

普通科の高校までは、特定のスキルを学ぶところではないんです。将来のどのような職業につくかわからない。というか今存在している仕事が、その子達が大学を出て社会人になるまで同じ形で残っているかどうかということも分からない。そうなったときに、なるべく応用範囲が広そうなものを学校ではカバーしておきたい。そこで外国語を1つくらい勉強してみることになったのではないか?「世界の文化」のような科目だと、つかみどころがなさすぎるから、外国語を入れたのではないか?外国語を1つやらなければいけないと仮定したとして、英語をやるということについてはどう思うのか?中国語やアラビア語はどうか?日本だと一番重要な隣国は中国だし、世界的にはアラビア語を学んでもっとムスリムとの対話をしていった方がいいのではないか?

とまあ、書きながら感じたことですが、考えれば考えるほどよく分からなくなります。でも、この質問が出てきたら、私だったら中学生が考えていることを聞いてみたいと思います。じゃあ、仮に英語が中学校では選択科目になったとして、代わりに新しい教科を入れる、もしくは今ある科目の時間配分を変えるとしたらどうする?なんてことを聞いてみるのも面白いかもしれない。ということで、答えはないというのが答えです。

「国際共通語としての英語」  

 標題の鳥飼久美子先生の著書を読み返しました。今では英語はグローバル言語になったと言われています。通訳の現場でも、仕事の半分くらいは非英語ネイィブの英語を通訳しています。英語は世界の共通語、リンガ・フランカになっているのです。

グロービッシュのような考え方もあります。グロービッシュというのは簡単な表現だけを使って英語を話そうという考え方です。話すときはそれでいいかもしれませんが、聞くときはそれでは理解できない可能性があります。相手がどのような語彙や表現を使うかと言うことは聞き手にはコントロールできないからです。

英語を学習するときは、やはりネイティブをお手本にするほうがいいでしょう。標準的なアメリカ英語が(GA=General American)かイギリス英語(RP=Received Pronunciation=容認英語)を中心にインプットするのがおすすめです。アメリカ英語はRの発音や母音が難しいので、イギリス英語にするといいかもしれません。ただ、日本の教科書などはアメリカ英語で、これは日米関係が日英関係より強いので仕方がないことかもしれません。英語圏諸国にとって、英語は貴重な輸出品なのです。環境汚染などもしませんから、クリーンでイメージもいいわけです。

ネイティブをお手本にするものの、ネイティブのように完璧に英語を話すのは外国語として英語を学んでいる限り不可能です。したがって、英語を話す時に結果的に日本語の発音の干渉が起こったり、冠詞や単数・複数の間違いが出てしまったりすることは仕方がないと割り切るのが得策でしょう。

言語の間違いにはグローバル・エラーとローカル・エラーというものがあります。グローバル・エラーとは、シンタックス統語論)上の間違いで、間違えてしまうときちんとした文ではなくなってしまいます。対照的にローカル・エラーというのは、ちょっとした時制の間違いなど、意思疎通には問題のない間違いのことです。たとえばI go to school yesterdayは文法的にはgoが過去形になっていないので間違いですが、yesterdayもあることだし、まあ間違いなく「昨日学校に行った」という意味だとわかってもらえるでしょう。

このように、ローカルエラーを犯すのは仕方がないとしても、グローバルエラーを犯さないレベルまで英語力が上げられれば、「国際共通語としての英語」としては十分なのではないでしょうか。